愛媛県/松山市 外断熱と自然素材 機能性とデザイン性に優れた木の家 注文住宅のことなら乗松工務店

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

愛媛で家を建てる|自然素材と外断熱|機能性とデザイン性に優れた家を建てるなら 乗松工務店一級建築士事務所 Last Updated 2017-12-31

長期優良住宅の認定を受けることができる家にはさまざまな優遇措置があります。

『良いものをつくり、きちんと手入れをし、長く使う』という住宅のあるべき姿を示すものとして、『長期優良住宅の普及の促進に関する法律』が2009年に施行されました。

長期優良住宅の認定基準に対応しています

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」は、住宅を長期間にわたって長く使用することにより、住宅の解体や除去に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を軽減するとともに、建てかえによる国民の住宅に関する負担を軽減し、より豊かで優しい暮らしへの転換を図ることを目的としています。
この法律の制定とともに長期優良住宅の認定制度がスタートし、認定のための技術基準が設けられました。

その主な内容が下の表です。
これまでの一般の住宅と比べると、技術的にもコスト的にもハードルが高くなっています。
コストに関しては国土交通省の試算によると、一般の住宅では坪10万円ほどのコストアップになる内容とされています。

耐震性
耐震等級2以上
維持管理・更新の容易性
維持管理等級3
劣化対策
劣化対策等級3
省エネルギー性
省エネルギー対策等級4

※認定については、一定以上の床面積が必要になります。
※認定基準についての詳細は、国土交通省ホームページ「認定基準の概要」PDFをご覧ください。
※試算についての詳細は、国土交通省ホームページ「長期優良住宅に関わる標準的な性能強化費用相当額を定める国事」PDFをご確認ください。

乗松工務店の家は主要部分が長期優良住宅認定基準標準仕様です。

長期優良住宅に対応するための仕様変更にともなうコストアップも、最小限に抑えることができます。